お金の話

20代必見!「つみたてNISA」の3つのメリット

つみたてNISAとは

つみたてNISAは少額からの長期積立投資を支援するために、2018年1月にスタートし、開始から1年が経ちました。

つみたてNISAでは、毎年40万円までの制限があり、運用期間は20年間です。保有できる投資額は40万円×20年=800万円です。20年間で得た収益は一切課税されないのがNISAの最大の特徴です。

私はつみたてNISAの制度開始直後に一般NISAから移行してきました。現在は毎月3万円積み立てており、年間40万限界まで積み立てております。

現在つみたてNISA口座を持ってない方もとりあえず、開設したほうがいいでしょう。理由はこれからたっぷり説明します!

どんな人におすすなの?

どんな人にもおすすめしますが、特に若い方におすすめします。
理由はメリット②で説明します。

つみたてNISA口座開設の前に…

NISA口座は証券会社の総合口座とは異なり、金融機関から税務署に確認をしてから口座の開設になるので、開設まで最長で1ヶ月開設に要すといわれています。
NISA口座の保有は各人1口座のみで、複数の金融機関にそれぞれNISA口座を保有することはできません。

務署の確認の作業は、他金融機関から同じくNISA口座が開設されていないか確認するためもあります。

メリット①驚異の非課税期間20年

まず非課税について軽く解説すると….一般・特定口座だと運用益、配当金に20.315%の税金がかかるのですが、NISAだと運用益、配当金から得た収益に対し一切の課税が行われません。

つみたてNISAの非課税期間は最長20年間です。
資産の長期運用であると、非課税の効果は毎年顕著に現れるようになります。20年後には一般口座と比較すると莫大な差を生むでしょう。
つみたてNISAは年40万と少額ですので、20年後あるいは目標の日がくるまで一切触れないで、毎年40万円限度額までただひたすら積み立てることが収益が収益を生みやがて大きな収益を生むこととなります。

[aside type=”boader”]
ここで注意!

つみたてNISAの制度は現在、2037年までとされているので、投資信託の購入ができるのは2037年までです。
[/aside]

メリット②時間を味方に!複利の効果で資産増加スピードアップ!!

皆さん「複利効果」ってご存知でしょうか?

じつは資産を長期運用をする上で、複利効果は切っても切れない関係です。

問題です。次の①、②のうちどちらがどれだけ20年後に増えるでしょうか。
①3万円を20年間自動積立する。
②3万円を年利5%のつみたてNISAの投資信託で20年間運用する。

[aside type=”boader”]
答えは既におわかりであると思いますが、あえていいますと②です。

①の場合、7,200,000円になります。②の場合12,331,010円になります。
[/aside]

利回り5%はなかなか厳しいと思いますが、毎月3万円の積立でも20年後は約500万円の差が生まれます。
時間の経過によって雪だるま式に収益が膨れ上がることを
「複利の効果」といいます。

リターンがリターンを生むのです。

投資信託は複利効果が高いので、少ない元手でかつ長期で資産を殖やしたい方におすすめです。
私は金融機関に勤務していますが、20代から始められる方は最近非常に多いです。
また、人生100年時代なんて言われていますので50代、60代の方でもつみたてNISAはおすすめできます。

あなたの欲しいものを思い浮かべてください。
そして以下のページにてシュミレーションをしてください。NISA口座をすぐに開設したくなります。https://www.fsa.go.jp/policy/nisa2/moneyplan_sim/index.html

メリット③金融庁によって厳選された商品

日本には投資信託の銘柄数が数千本存在すると言われていますが、金融庁によって優良銘柄142本まで厳しい条件で厳選されています。
さらに販売手数料が無料(ノーロード)。
信託報酬が低い商品。
分配金が頻繁に支払られない商品
などの法令上の条件があります。

つみたてNISA

インデックス投信の信託報酬の制限

国内資産 0.5%以下
国外資産 0.75%以下

インデックス投信の信託報酬の制限

国内資産 0.5%以下
国外資産 0.75%以下

 

上記した表を見ていただいた通り、かなり低く信託報酬の制限が設定されています。

つみたてNISAの信託報酬が低く設定されてあるということは利用者にとって都合のいいことなのです。
なぜなら、投資信託では信託報酬の倍率が非常に重要視されています。


たった1%の差でも将来大きな価値の差になります。
以下の図を参照してください。
同じ金額を積み立てていても20年後には33万円の開きが生まれていることがわかります。
金融庁によって厳選されたつみたてNISAの投資信託は信託報酬が低いということも条件にある通り、つみたてNISAの投資信託は信託報酬が低く設定されてあることも魅力的なのです。

つみたてNISAは金融庁と法令によってしっかり厳選されているので、怪しい商品は一つもないといっても過言ではないでしょう。
つみたてNISAで購入できる銘柄はどの銘柄も金融庁のお墨付きがあるのでどんな選択でも不安になることはありません。

まとめ

投資をはじめようと迷っているかた、20代の方、資産運用をしようとしている方につみたてNISAを強くおすすめします。

アメリカでは長期投資の概念が30年以上前より浸透しており、家計の金融資産は3倍以上に膨らんでいます。
日本人にはまだまだ投資へのなじみがなく「リスクがある」と考えている方も多いです。

長生きリスクなんて言葉があるように寿命が長くなる一方、その分資金も必要になります。
自分の老後に向け、欲しいものに向け、お子様の教育費に向け今から一日も早く始め複利効果を利用し、時間を味方につけ資産形成していってはいかかでしょうか?

オススメ口座
僕のメイン口座は DMM株 です。
手数料がとにかく安いので、無駄な支出をとことん抑えることができます。
これから投資を始めようか悩んでいる方はとりあえず開設することをオススメします!

https://fp-investor.com/2019/03/06/%E7%9F%A5%E3%81%A3%E3%81%A6%E3%81%8A%E3%81%8D%E3%81%9F%E3%81%84%EF%BC%81%E3%81%A4%E3%81%BF%E3%81%9F%E3%81%A6nisa%E3%81%AE%E3%83%87%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%885%E3%81%A4/
https://fp-investor.com/2019/03/15/%E6%8A%95%E8%B3%87%E5%85%88%E3%81%A8%E3%81%97%E3%81%A6%E5%9B%BD%E5%82%B5%E3%81%A3%E3%81%A6%E3%81%A9%E3%81%86%E3%81%AA%E3%81%AE%EF%BC%9F%E8%B2%B7%E3%81%84%E6%96%B9%E3%81%AA%E3%81%A9%E3%82%92%E8%A7%A3/
ABOUT ME
なかむ
地方金融機関に勤務する20代。ファイナンシャル・プランニング技能士2級。保険業務にも携わっており、日々お客様の資産の相談、アドバイスをしている傍ら、自分でも資産運用大好きなので有り金で誠意実践中! 電車、トイレでサクッと読める記事を目指しています。