お金の話

僕がゆうちょ銀行をメイン口座にオススメする理由

みなさんゆうちょ銀行に口座を持って持っていますか?
持っていない方はすぐに作るべきです!利便性が段違いですよ。

これからゆうちょ銀行をメイン口座にすべき理由を説明していきます。

この記事を読み終えるころにはあなたもメイン口座をゆうちょ銀行にしたくなります!

最初に:まだ地銀口座使って消耗しているの?

地方銀行がメイン口座の方、旅行は好きですか?

やっぱり旅行にいく前日に地銀メイン口座で大金を払い戻して旅行に備える感じですか?
それとも大金を持ち歩かず旅行先で払い戻すおつもりですか?
地方銀行のATMは基本的には県外には専用ATMはおいてないです。
あるとしても県内に2~3個ですので、それだったら高い手数料払って有料のコンビニATMで引き出しますよね。
今、銀行の定期預金の利息はほとんどの銀行が「0.01%」です。
100万円預金してても1年間でつく利息は100円です。税金を考慮すればわずか80円ほどです。
ATMで手数料を払っている方は、たった一回の引き出し手数料で100万の定期預金の利息を実質パァにしています。

本来旅行とはたまったストレスなどをリセットしたり、楽しんだりするのが目的だと思うのですが、所持金のことを考えるとストレスになると思います。
ですが、ゆうちょ銀行はその問題を解決することができます

Q.全国ATM数1位の銀行ってどこでしょうか?

A.ゆうちょ銀行です。

ゆうちょ銀行のATMは全国にATMが27000台展開
27,000台/47都道府県 =1都道府県あたり574台


圧倒的な数ですよね。

ちなみに地方銀行預金残高1位の横浜銀行のATM設置数は419台です。

ゆうちょATM設置数、27,000台がどれだけ頭抜けた数字なのかご理解いただけたでしょうか。

そしてゆうちょ銀行のATMは郵便局限定で設置されているわけではなく、ファミリーマートでも順次専用ATMが設置され始めています。さらには全国の複合称号施設、大型スーパーマーケットなどにも専用ATMは設置され始めています。
これらのATM数を足せば膨大な数となります。

専用ATMですので、もちろん無料で引き出しすることも可能です。
地方銀行の場合だと県外にいってしまうと途端にATMの数が激減もしくは一切なくなるので困ることが多いですよね。
また東日本大震災では多くの人がタンス貯金を銀行ATMに持ち込んで、ATMが一時使用不可になってしまうこともありました。そんなときも提携されているATMが多いATMを利用できる選択肢も増えるとゆうちょ銀行の場合は安心です。


ゆうちょ銀行は北海道の方が、沖縄県に旅行に行っても全国27,000台展開されているATMを使えば無料になります。

これは圧倒的なメリットになります。

東日本大震災などの災害でも柔軟に対応できた実績

あなたは有事の際、届出印を持って逃げることはできますか?
私は多分できないです。

東日本大震災や西日本豪雨のとき、やはり通帳や届出印を紛失された人はたくさんいたようです。
しかしゆうちょ銀行では通帳、届出印、キャッシュカードを紛失した場合でも、本人確認さえできれば1日10万円まで引き出すことができました。

郵便局はセブンイレブンの店舗数よりも多いので、災害時は本当に被災者の方たちも利便性と柔軟性を感じだと思います。
災害はいつ起こるか誰もわからないので、いつきても自身でも対応できるよういまのうちからゆうちょ銀行にメイン口座を移すことも考えた方がいいと思います。
そのおかげで大切な家族を守れるかもしれません。

限度額って1200万ってホント?

[voice icon=”https://fp-investor.com/wp-content/uploads/2019/02/nayamu_boy2.png” name=”なかむくん” type=”l”]でも限度額が1300万なんでしょ?メイン口座だと物足りないなぁ[/voice]


政府の郵政民営化委員会は26日、ゆうちょ銀行の貯金の限度額を引き上げる意見書を公表した。現在1300万円の枠を普通預金にあたる通常貯金と定期性貯金に分け、各1300万円と計2600万円に倍増させる。

日本経済新聞:https://www.nikkei.com/article/DGXMZO39398490W8A221C1EE9000/

今までは1,300万円まででしたが、早いと2019年春には倍額の2,600万円まで限度額が引き上げれれるそうです。

2016年3月までは限度額が1,000万円でした。2016年4月には1,300万円に引き上げられ2019年には2,600万円まで引き上がります。


今後も段階的に限度額が引き上げられる可能性は大いにありそうですね。

ゆうちょダイレクトは手放せない

ゆうちょ銀行には「ゆうちょダイレクト」という独自のスマホアプリあります。
そのアプリでのUIとデザインが良いと私の中で話題になっています。

[voice icon=”https://fp-investor.com/wp-content/uploads/2019/02/nayamu_boy2.png” name=”なかむくん” type=”l”]へぇ~意外と持ってるんだね[/voice]

※画像は公式サイトのものです。

ずいぶんとUIがスッキリしていて現在高もハッキリ確認できて素晴らしいと思いませんか?

もちろん、ゆうちょダイレクトをおすすめする理由はなにもデザインが良いからのみではありません。

ゆうちょダイレクトを使用すればゆうちょ間同士の送金は1ヶ月6回まで無料で行えます。
ゆうちょダイレクトは00:05~23:55の間利用可能です。
1日のうち10分しか非稼働時間はありません。
23時間50分は稼働しています。その間は各種照会も無料なので急に確認したくなったときもすぐにゆうちょダイレクトを用いて確認することができます。
自宅にいながら、外出先にいながら窓口でできる手続きをその場で可能にしてしまうのがメリットですね。
ゆうちょ銀行の口座を持っている人はゆうちょダイレクトのアプリをいれる他ないです。
ただゆうちょダイレクトを申請してから、地域のセンターに情報が送られそこでの手続きが完了次第利用できるので、少々タイムラグがありますがメリットの方が大きいのは火を見る明らかです。

まとめ

いかがだったでしょうか。いますぐにでも郵便局に駆け込み口座を開設したくなりましたか?
ゆうちょ銀行では2019年5月からは「ゆうちょpay」というキャッシュレス決済アプリが導入されることが決定されていますので、益々利便性が高まるばかりです。
私は以前、某地方銀行の口座がメインバンクとして利用していましたが、ゆうちょ銀行の利便性に気づいてしまった以来、給与口座にも設定しメインバンクとして利用していますが、すこぶる便利で本当に移行してよかったなと思います。
去年(H30年)に移行しましたが、我ながら平成最後の英断だったと思いますw

複数口座については今後どうなるかわからないので、今回の記事では言及しませんでしたがまた機会があったら記事にしてみようかなと思います。

ゆうちょ銀行の投資信託は非常に豊富なラインナップを揃えてますので、NISA口座などを開いて運用するのもいいかもしれません。

NISA、資産運用の詳細について以下のリンクよりご覧ください。

【おすすめ資産運用】社会人1年目からの投資術 社会人1年目のみなさん。社会人になりお金がはいってくるようになると思いますが、無駄使いはしてないでしょうか。本日は新社会人の皆さんに着...
https://fp-investor.com/2019/02/11/%e7%a2%ba%e5%ae%9f%e3%81%ab%e8%b2%a1%e7%94%a3%e5%bd%a2%e6%88%90%e3%81%99%e3%82%8b%e8%b2%af%e9%87%91%e8%a1%93%ef%bc%93%e9%81%b8%e3%82%92%e7%b4%b9%e4%bb%8b%ef%bc%81/
ABOUT ME
なかむ
地方金融機関に勤務する20代。ファイナンシャル・プランニング技能士2級。保険業務にも携わっており、日々お客様の資産の相談、アドバイスをしている傍ら、自分でも資産運用大好きなので有り金で誠意実践中! 電車、トイレでサクッと読める記事を目指しています。