雑記

【FP3級独学】2週間で合格した方法を大公開!

みなさんFP3級の勉強頑張ってますか?

私は2018年にFP2級まで取得しましたので、今日はFP3級を2週間で合格した方法を大公開します。
ちなみに点数は2週間で学科58/60、実技60/60で余裕合格でした。

ハッキリいってFP3級は超簡単です。
でも舐めていると想像以上の範囲の広さに驚くことになるでしょう。

今回公開する方法を実践すればあなたも合格点には余裕で達するでしょう。

この記事があなたの勉強に大いに捗ってもらえれば幸いです。

FP3級の合格率

FPを受験できる団体は二つあります。(ちなみに私はFP協会で受験しました。)

 

一つは「FP協会」
二つ目は「金融財政事情研究会(きんざい)」


学科の内容はどちらも全く一緒です。

しかしFP協会の方が学科、実技ともに合格率が高いです。
きんざいには団体受験が多いのが理由であると思われます。


画像を見てもらった通り、
FP協会の直近3回の学科の合格率は約8割あります。
実技に関しては、合格率9割ほどありますのでかなり簡単な部類に入ります。

私の試験前の知識

基本的にありません。

投資だけはしていましたので金融商品の分野は最初から得意でしたが、その他は全くわからないのでスタートラインは皆さんよりやや前かもしれませんw

受験2週間前

①一通りまず問題集を解く。
ここで全くわからないのは仕方のないことです。
不安になるかもしれませんが、ごく普通のことです。お茶でも飲んで肩を撫でおろしましょう。

わからない問題はすぐに答えを見て回答を覚えます。深く理解する必要はまったくなくなんとく覚える感じでOKです。



②もう一回問題集を解く。
わからなかった問題にはペンでマークしておきます。
ここでもわからなかったらすぐに回答を見て、そのあとにテキストで詳しい解説を確認してください。
ここでも深く覚える必要はないでしょう。ではなぜテキストをみて解説を確認するかというと、わざわざテキストを開き目次を開いて該当する箇所を探す一作業によってより記憶に定着する付加効果もあるからです。




③マークした間違えた問題だけもう一回解く。
わからなかった問題はそれはあなたの弱点です。
弱点はノートに書き写すなどして徹底的に潰していきましょう。

※あくまでも合格点に達するということだけにフォーカスしているのなら、いずれの問題も深く理解する必要はないです。
過去問を何回も周回することによって自然と回答が記憶できています。

 

僕が使用した参考書

受験1週間前~3日前

①過去3年間分の過去問をひたすら解く。(https://www.jafp.or.jp/exam/mohan/)
自分の苦手な分野がわかってきます。
私の場合は相続が苦手でした。
ここで相続がめっぽう苦手という意識があるのならば、テキストで相続の箇所だけを集中的に読み込んでも効果的です。
私はこれで克服して今では相続が一番得意です。




②苦手分野だけを集中的に取り組む
ここまでくると問題を完全に覚えるようになります。
前述しましたが合格だけにフォーカスするなら問題の意味を深く理解する必要はないです。

FP3級は簡単ですが、意外と範囲が広いので一つ一つ理解して覚える作業をしているとかなりの時間が経過してしまいます。
そこまでまでしなくても余裕で合格点に達しますので。



③最後にもう一度、過去問を2年間分を1周する。
わかる問題ばかりでしょう。自分に自信がつき安心感が保てると思います。

受験3日前~1日前

①問題集の実技のページを2周する。



②過去問2年間分を2周する。
わからない問題をペンでマークする
(この時点でほぼ合格点に達します)


③わからない問題を集中的に行う

受験前日

前日は朝の4時頃起きます。
とにかく早く起きることです。
理由は私は試験本番を前にすると緊張して寝れなくなるため早く起きれば早く眠くなるという根拠に基づいてますw

前日の勉強の割合は学科8:実技2くらいにして最後は学科を集中的に頭に詰め込みます。

受験当日

当日の朝も早く起床します。
朝は栄養のあるものを食べて準備万端です。

試験本番ですが、学科は1時間も経たないうちにすべて回答を終えてしまいます。
問題冊子は持ち帰ることができるので、問題冊子に自分の回答した番号に必ず〇をつけてください。
学科試験終了後すぐに(早ければ12時15分)には解答速報が大手専門学校から発表されますので、すぐに合否を確認したい方は答え合わせすると良いでしょう。

まとめ

いかがだったでしょうか?
参考になったでしょうか?

FPはとにかく過去問そして過去問です!
FPの試験は過去問の問題と極めて近い問題が半数以上出題されますので、本番解いててあれもこれも知ってる問題ばかりで驚くでしょう。
アッという間に学科本番も解き終えてしまいますので、寝るのもいいですがマークが一個ずれてるだけでシャレにならなくなりますので、そこだけは注意してから寝ましょう!
あとは問題冊子に回答した番号を記入するのを忘れないでください。

FP3級という試験は面白く、いざ勉強を始めてみるとあまりの範囲の広さに唖然とし本当に合格率8割あるのか怪しくなりますが、問題を1週間後には合格点に達しているところが面白いところです。

これから勉強を始めるという皆さんも最初は範囲の広さに驚くかもしれませんが、まずは解き続けてください!



ABOUT ME
なかむ
地方金融機関に勤務する20代。ファイナンシャル・プランニング技能士2級。保険業務にも携わっており、日々お客様の資産の相談、アドバイスをしている傍ら、自分でも資産運用大好きなので有り金で誠意実践中! 電車、トイレでサクッと読める記事を目指しています。