Apple製品

AirPods Pro 実機レビュー。ノイキャン、外部音取り込みの性能がヤバい

10月29日Appleが突然AirPods Pro を発表しました。

Apple大好きな僕は即座に購入!(洗脳済み)

Apple公式サイトで29日に予約し、31日に自宅に届きました。

今回の記事は「AirPods Pro 実機レビュー。ノイキャン、外部音取り込みの性能がヤバい。」ということで、
早速届いたAirPods Pro の実機を開封をレビューしていきます。

ノイズキャンセル、外部音取り込みの性能テストも行ったので、購入を考えている方はぜひご覧くださいね。

10月31日到着 : Air Pods Pro 開封の儀

10月31日午前中到着!

迅速な対応ありがとうございます。

以前までのAir Pods とは全く違った外観をしていることが箱からわかります。

箱はほぼ正方形の化粧箱。ここは変わりませんねぇ~

それでは早速AirPods Pro を開封!

おっとさすがに本体は現れませんでしたね。

[voice icon=”https://fp-investor.com/wp-content/uploads/2019/10/ahiruguchi_man.png” name=”なかむくん” type=”l”]最近のAppleは「Design by Apple in California」の紙が先に入っていることが多いよね。[/voice]

ではこの紙を外してみます。

AirPods Pro 外観、実機レビュー

AirPods Pro の充電ケースは横に長いことが特徴的です。

以前までのAirPods は四角く、AirPods Pro のケースとの違いは一目瞭然。

手にとって見るとAirPods Pro の充電ケースの方がかなり大きく感じます。

しかし、軽さは従来通りかなり軽いです。持ち運びには苦労しません。

完全新作のケースなので、サードパーティ製のケースの発売には少し時間がかかるかもしれませんね。

左:AirPods  右:AirPods Pro

デザインかなり変わりましたよね。

AirPods Pro はカナル型のため、以前までのAirPods と比べて耳から落下する可能性が格段に低くなるような気がします。

[voice icon=”https://fp-investor.com/wp-content/uploads/2019/10/ahiruguchi_man.png” name=”なかむくん” type=”l”]カナル型は基本的に耳にフィットする構造だから耳から落下する可能性は低くなるよ![/voice]

マイク部の長さも9.6mm短くなったので耳に装着するとよりスマートな印象になりました。

またAirPods Pro は新たにIPX4程度の防水機能が追加されたので、雨などの水に気を使うことも少なくなりそうです。

[aside] IPX4とは
あらゆる方向からの水の飛まつに対して保護されている。
[/aside]

AirPods Pro の充電はUSB-Cへ!

AirPods Pro の充電方式はライトニングケーブル to USB-Cを採用。

以前までのAirPods のケーブルを持っている方も引き続き使用することができます。

ただAirPods Pro 付属のケーブルがライトニングケーブル to USB-Aから
ライトニングケーブル to USB-Cに変更されました。

USB-Cの充電器を持っていない方は別途購入が必要になります。
[voice icon=”https://fp-investor.com/wp-content/uploads/2019/10/ahiruguchi_man.png” name=”なかむくん” type=”l”]僕は以前USB-A派なのでしばらくUSB-Aを使い続けますw[/voice]

AirPods Pro 本体内容物は大きく3つ。

本体内容物は大きく3つ。

本体、イヤーチップ、ケーブル。

充電方式はライトニングケーブルなのでUSB-Aのケーブルでも代用可能。

イヤーチップの大きさは3種類

AirPods Pro に同梱されているイヤーチップの大きさは3種類。

S、M、L それぞれ大きさが違うので耳の穴の大きさに合わせて調節できます。

イヤーチップは本体に装着しても指で引っ張ることですぐに取り外せます。

心置きなく気軽に調節できますね。

また「イヤーチップ装着状態テスト」といって、耳穴にあったサイズのイヤーチップをiPhone側が選択してくれる機能があります。
これについては後ほど解説していきます。
[voice icon=”https://fp-investor.com/wp-content/uploads/2019/10/ahiruguchi_man.png” name=”なかむくん” type=”l”]イヤーチップ装着状態テストをすればあなたに合ったイヤーチップが客観的にわかります![/voice]

初代AirPods と AirPods Pro を比較してみた

初代AirPods  AirPods Pro
価格17,800円~(税別)27,800円(税別)
稼働時間(1回の充電)最大5時間最大4.5時間
ノイズキャンセリング
耐水 ○(IPX4)
長さ40.5mm30.9mm
重さ4g5.4g

AirPods Pro になり、稼働時間が30分減っています。

これは残念なポイントですが、他に大きなメリットがあるのでここには目を瞑りたいです。

ノイズキャンセリング、外部音取り込みが非常に素晴らしいので後ほどレビューしていきます。

重さは、なんと1.5gもAirPods Pro は増加しています。
[voice icon=”https://fp-investor.com/wp-content/uploads/2019/10/ahiruguchi_man.png” name=”なかむくん” type=”l”]そう聞くと重くなった気がする…。でも言われないとわからないレベルで、フィット感が向上したおかげで重さは全く気になりません。[/voice]

音質比較 AirPod Pro vs AirPods

普通のAirPods と比較するとまず驚くことがフィット感である。

AirPodsでは味わえないフィット感がそこには広がっています。

やはりカナル型だけあり、明らかにフィット感が向上しており、
装着した感触からより良い音質なのだろうなということを悟ったレベルです。

フィット感は非常に大切にするべきポイントです。

従来のAirPod のように耳穴に隙間が空いていると低音が隙間から逃げてしまいます。

これはぜひ体感してほしいですね。

案の定音質は、低音の音質が向上しており聞きやすく音がこもっていない感じがします。

AirPods と比較し、AirPods Pro の音質は格段に向上していると言えます。

AirPods Pro ワイヤレス充電も可能

AirPods 2世代と同様にワイヤレス充電が可能です。

ワイヤレス充電大好きな筆者としては非常に嬉しいポイント。

そして、Charging Caseの中でイヤホンを5分充電するだけで、1時間音楽を連続再生することができます。
通話は30分です。

ちなみに僕が使用しているワイヤレス充電器は、
「PeohZarr ワイヤレス充電器」です。

特に不満なく使えているのでオススメですよ。

実際にAirPods Pro を装着してみる

カチッとAirPods Pro の蓋を開けてみると即座に起動。

これは従来のAirPods から変更はありません。

AirPods Pro メディアコントロール

再生、一時停止:一回押す
スキップ:二回押す
逆方向にスキップ:三回押す

どちらかのAirPods Pro を長押しすると「ノイズキャンセリング」と「外部音取り込み」に切り替わります。

電車などではノイズキャンセリングにして、電車から降りると同時に長押しして「ノイズキャンセリング」から「外部音取り込み」すれば周りに注意しながら歩行できると思います。

長押しでも「ノイズキャンセリング」と「外部音取り込み」にを切り替えられますが、コントロールセンターで音量スライドを押しても「ノイズキャンセリング」、「外部音取り込み」、「オフ」を選択することができます。

耳穴に合わせて最適なイヤーチップがわかる「イヤーチップ装着状態テスト」

設定→Bluetooth→AirPods Pro iマーク→「イヤーチップ装着状態テスト

イヤーチップ装着状態テストを実施すればあなたの耳穴に合わせた最適なイヤーチップがわかります。

このようにイヤーチップテストを行い、イヤーチップが最適な大きさならば
密閉されています」と表示されます。

[voice icon=”https://fp-investor.com/wp-content/uploads/2019/10/ahiruguchi_man.png” name=”なかむくん” type=”l”]親切で良い機能だね。ちなみに僕の最適サイズはSだった![/voice]

AirPods Pro の「ノイズキャンセリング」を外で試してみた。

AirPods Pro から適度な音量を流しながらスーパーマーケットへ…

ワクワクしながら店内へ。

なんと周りの音がこもるような感じで重低音のほとんどは聞こえなくなってしまった。

高音はやはり聞こえてしまいます。

電車やカフェなどで集中したいとき作業が捗るかもしれません。

僕自身ノイズキャンセリングを使うのは初めてなのですが、もっと早くノイズキャンセリングに出会っていたかったと後悔…

ただ辺りの音が聞こえなくなるので歩行中、車や自動車、周りの状況に注意しましょう。

[voice icon=”https://fp-investor.com/wp-content/uploads/2019/10/ahiruguchi_man.png” name=”なかむくん” type=”l”]音楽を流していなくても、耳栓をしているかのような感覚になる。それほどノイズキャンセリングの効果は絶大なのだ。[/voice]

AirPods Pro の「外部音取り込み」を外で試してみた。

同じくスーパーマーケットで「ノイズキャンセリング」から「外部音取り込み」に切り替えたところ、差は歴然。

装着しているイヤホンがまっっったく別物に感じるくらい、外部音を取り込む。

イメージとしては普通の AirPods よりもさらに外部音を拾うイメージです。
[voice icon=”https://fp-investor.com/wp-content/uploads/2019/10/ahiruguchi_man.png” name=”なかむくん” type=”l”]この小さいボディからここまでの差が生まれるのは正直ビックリだよ。3万円するだけあると思います。[/voice]

AirPods Pro 実機レビュー。ノイキャン、外部音取り込みの性能がヤバい | まとめ AirPods Pro 確実に買ってよかった!

AirPods Pro 圧倒的に購入してよかったと実感しています。

もはや従来のAirPods と全く違う商品と捉えていい程、ユーザーに寄り添った素晴らしい進化を果たしています。

僕がノイズキャンセリング機能を持ったイヤホンを初めて購入したこともありますが、感動を覚えたレベルです。

ノイズキャンセリングのイヤホンを使ったことがない方、確実に感動しますのでぜひAirPods Pro 試してみてください。

また、ノマドワーカーの方にもオススメです。

ノイズキャンセリングの恩恵で周りの環境音などが低減される(低音はほぼ聞こえない)ので、外出先での作業に没頭することができますよ。

ABOUT ME
なかむ
地方金融機関に勤務する20代。ファイナンシャル・プランニング技能士2級。保険業務にも携わっており、日々お客様の資産の相談、アドバイスをしている傍ら、自分でも資産運用大好きなので有り金で誠意実践中! 電車、トイレでサクッと読める記事を目指しています。